レーザーで肌の問題を解消|傷跡ができない切らないフェイスリフト施術でたるみ改善
女性

傷跡ができない切らないフェイスリフト施術でたるみ改善

レーザーで肌の問題を解消

女の人

色素や水に反応

美容外科でのレーザー治療には、色素に反応するレーザーと、水に反応するレーザーとが使われています。前者には、ダイオードレーザーやQスイッチルビーレーザーなどがあり、これらでは主にシミやニキビ跡の除去がおこなわれています。というのも、シミはメラニン色素が、ニキビ跡は血液の色素が、肌細胞に沈着することが原因となっているからです。そのため色素に反応するレーザーを照射すると、色素の多い肌細胞のみが熱されて、肌から剥がれていくことになるのです。一方水に反応するのは炭酸ガスレーザーで、これは主にイボや傷跡など、肌の異常な膨らみを除去するために使われています。水を含むどのような組織でも蒸散させることが可能なので、照射により膨らみを削るように除去していくことができるのです。このように、肌トラブルの解消に役立つため、レーザー治療には高い需要があります。

トラブルを防ぐための工夫

レーザーの優れている点は、ごくわずかな範囲に的確に照射できるというところです。たとえばシミの場合、1〜2ミリという非常に小さなものでも、ピンポイントで熱することができるのです。つまり、肌トラブルを起こしていない周辺部分の肌は守られるということです。ただし周辺部分には、多少の熱が伝わります。そのためレーザー治療では、必ず冷却もあわせておこなわれます。十分に冷やすことで、周辺の肌が熱によって乾燥したり火照ったりすることを防ぐのです。また、レーザー治療後の肌では、紫外線の影響でメラニン色素が作られやすくなります。これにより新しいシミができてしまう可能性があるので、美容外科ではそれを防ぐ美白効果のある軟膏やサージカルテープなども処方されます。このようにレーザー治療では、トラブルを防ぐ様々な工夫が凝らされているのです。